シートマスクの種類と選び方

美容に関わる・スキンケアに関わる話題の際に使われる「パック」という言葉は
ひと昔前であれば、<顔全体を覆うマスク状のアイテム>を指すものでした。

今となっては年齢に関わらず、手軽に利用することができるアイテムと言えますが
かつては「特別なケア」や「贅沢なケア」という意味合いが、非常に大きなものであり
また<基本的には中年女性が使うもの>というイメージの強いものでもありました。

現代においては、昔とは比べ物にならないほどに
その形状・効果・目的別に、種類が非常に豊富なものであり
一言で「フェイスパック」と言っても、その種類は様々です。

また<いわゆるフェイスパック>というと、上記したように
顔全体を覆う「シート型」や「マスク型」のものをイメージしがちです。

現在、その形状のアイテムというのは

  • フェイスマスク
  • フェイスシート(マスク)
  • シートパック

様々な呼び名がありますが、ここでは「シートマスク」とします。

最も使われている呼び方であり、今なお「美容パック」の主流と言える形状です。

現代では<パック>というアイテムは
シート型だけでなく、

  • パッチ型(一部・局所的な使い方)
  • 液状パック(泥・ヨーグルト等が有名)

といった、様々な形態が存在しています。

「衰えてきた要素」を考えて選ぶ

幅広い種類が存在しており、目的・効果によって
使い分け・いろいろ試すことができる、幸せな環境が整っています。

何より「コストパフォーマンス」という点を考えれば
時代流れと共に確実の向上しており、高いレベルのスキンケアが
手軽に・低コストでできるようになったことは、間違いありません。

しかしながら、求める効果・改善目的に対して
適切なアプローチ(パックの選び方・頻度・タイミング・使い方)ができなければ
パックが持つ本来の効果を引き出せず、非常にもったいないことになってしまいます。

また、

  • 状態をよくしたい
  • 悪化した状態を元の状態に近づけたい
  • 衰えを防ぎたい

といった目的によっても、選ぶべきパックは変わってきます。

当サイトでは、「状態」や「年齢」また「目的」に合わせて
自分が求めている・自分に相応しいパックを探す手助けになるよう
ジャンルや特徴に合わせ、厳選したパックを紹介していきます。

一般的なパックではなく、「ネット通販限定」といった隠れたアイテムの中にこそ
あまり知られていない優れたものも多く、ぜひ試してみて欲しいと思います。

「使い方」でコストパフォーマンスを高める

美容パックというアイテムは、価格と質の関係性が非常に深いと言えます。

<値段に比例して効果が高くなる>という、分かりやすい特徴があります。

「高いものはいい」のです。

そのため、基本的には<大きな効果を得たいなら、高いものを選ぶべき>と言えますが
そういった中から、<自分にとって高コスパ>となるものを探す楽しみもあります。

また、パックの持つ美容効果を引き出すためには
<使い方>や「タイミング」と言ったものも大切です。

パックを利用する際に、知っておいて欲しいこととして
<1つの種類しか使ってはいけない>というルールはありません。

  • 3日に一度<美容液としてのパック>
  • 1週間に一度<美白効果のあるパック>
  • 月に一度は<ちょっと高級なパック>

と、好きな頻度・組み合わせで使って問題ないのです。

これらの頻度・タイミング・組み合わせを
自分の肌で<試してみて>ベストな「セット」を見つけることも
パックを使う楽しみ・醍醐味でもあります。

「無限の組み合わせ」が存在する中から
ぜひ、最も自分にマッチしたものを探してみてください。

カテゴリー: Uncategorized | コメントする

手軽に本格的なアンチエイジングができるおすすめパック「美輝肌マスク」の評判

「美輝肌マスク」は、いわゆる「オールインワンジェル」の内容を
シートマスク化したアイテムになりますが、その<驚異的に豪華>な内容に注目です。
一般的な基礎化粧品である、化粧水・乳液・美容液成分
それぞれのアイテムに配合される成分を持ったオールインワンジェルは
1つのアイテムだけで、まとめて基礎スキンケアができることが特徴の
新しいスキンケアアイテムとして、発売以来利用者が増えています。

そのオールインジェルの、「フェイスパック版」と言える内容であり
シートで密閉することによって、ジェルよりもはるかに高い浸透力を実現させます。

トータルケアのできる高コスパマスク

「美輝肌マスク」の特徴は、何と言っても<多すぎる配合成分>です。

上記したように、基本的にオールインワン化粧品というのは

  • 化粧水による肌の調整(ヒアルロン酸)
  • 乳液による保湿(セラミド・コラーゲン)
  • 美容液による特別な効果(ビタミンC等)

これらのアイテム・成分の役割を
一気に果たすことが魅力と言えるアイテムですが
特に<一般的には美容液・クリームに配合されている>特別な成分が非常に幅広く
「種類だけなら、ジャンル内最多では?」と思えるほどに配合されています。

基礎的な成分~最新成分まで、幅広い成分が配合されており

  • 保湿
  • エイジングケア

といった、基礎的なスキンケア~特別なスキンケアまでカバーできる内容です。

もちろん、<ただ、配合されているだけ>でなく
<効かせるための工夫>もされており、その「設計」にもこだわりがあります。

最近では、単なるシート型マスク、ということではなく
その「構造」にこだわっているアイテムも増えてきていますが
「1回約200円」ということを考えた場合には、非常に貴重なアイテムです。

「美輝肌マスク」の利用者からの口コミ

「オールインワン」というアイテムは、入浴後の基礎スキンケアや
「若い・元気な肌向け」という印象もありますが
「輝肌マスク」は、年齢層が幅広いことも特徴と言えます。

  • 日常的に「ちょっといい基礎ケア」を求める女性
  • トータルでの特別なケアを求める女性
  • そろそろエイジングケアも始めたい女性

どんな方にでも、おすすめできることが長所でもあります。

実際に、様々な年齢層・目的をもった女性に好評を受けており
公式ページでは、「肌年齢」や「水分量」の計測結果等を交えて紹介されています。

「普段使い」と「特別なケア」のどちらもいける内容

「美輝肌マスク」は、

  • 無駄のない浸透
  • 「ベタベタ」が少ない

と、「塗る」タイプのオールインワンジェルとに比べて
圧倒的に効果が高いことに加え、「使い方」も選ぶことができます。

その値段設定は、内容を考慮すれば<十分にリーズナブル>であるものの
「普段使い」にできるか、「特別なケア」として利用するのか微妙なラインになります。

「単品(1箱~)」での、購入もできるアイテムであり
ちょっと試す意味でも、就寝前のケアを<楽にする>という目的でも
とにかく、一度利用してみて欲しいアイテムと言えます。

また「美輝肌マスク」シリーズには
入門編と言える、「輝肌マスク」もラインナップされています。
配合成分は少なくなりますが、同じく好評のおすすめシートマスクです。

<より若い方向け>とも言えます。

こちらは、普段使いできる設定となっており
まずはこちらから、利用を始めてみてもいいと思います。

カテゴリー: Uncategorized | コメントする

老老介護の現状と対策そして覚悟

中年に差し掛かった女性が直面する問題は、自分のことばかりではありません。

自分が年をとっているということは、
自分の母親も、同じ年数年をとっているということでもあります。

現在「介護辞職」が社会問題として浮上していますが
この流れは、止めることはできないと考えましょう。

現在50歳未満の人は「合計特殊出生率」が、すでに大幅に下がった後の世代であり
父親・母親のお世話をする子供の数が少ないことが多いのです。

要するに「皆で面倒を見る」という
環境を作ることが非常に困難になってきています。

今までになかった介護のケース

「介護」自体は、昔からあったものですが
兄弟や孫(面倒を見る人の子供たち)が多かったため
お世話をする人が沢山いることによって
1人1人の負担を少なくすることができました。

7人兄弟であれば「週に1日交代制」で、ということができたのです。

しかし、現在では「1人娘」「1人息子」ということも珍しくなく
独身であれば、仕事と介護を両立することが出来なくなってしまいます。

また結婚している人女性は、自分の親と同時に夫の親の介護をすることも通常です。

夫が1人息子、自分も1人娘という場合
夫は働いているため、女性が両家の親の面倒を
同時に見なければならないことになるケースが、非常に増加しています。

そして迫り来る「自分の順番」

独身女性の場合は、

「自分の親の面倒だけを見ればいい」

と、既婚女性よりも負担が少ないように思えますが

自分が年老いた時のことを考えると、少し不安になるはずです。

「自分の面倒はだれが見てくれるのだろう?」

という、問題の核心を考える必要があります。

また自分の親の面倒を見る際に、男の兄弟がいて結婚しているとしても・・・

義理の妹(兄弟の嫁)は、

「義姉さんは独身だから、義姉さんに任せればいい」

という考えになることも多いです。

この「母・娘」の2人暮らしのケースも劇的に増加してきており
そもまま時が経ち「娘60歳・親90歳」という
いわゆる「老老介護」という現象につながります。

自分も年老いた体で、より年老いた老人の世話をすることになります。

そして親が亡くなる際頃には、自分も介護が必要になる状態になっているのです。

決して脅しではなく、「本当の1人」になった時のことを
少し考え始めることも大切です。

介護問題は、自分の親だけでは終わるものではないのです。

実際に「目の前に現れる」その前に、準備しておくことが大切なのです。

カテゴリー: Uncategorized | コメントする