中性脂肪を落としたい人におすすめの新成分「葛の花イソフラボン」とは

「中年の健康」にとって、切っても離せない要素が「肥満」であり
各種生活習慣病・メタボリック症候群の、根本要因と言っても過言ではありません。

「中高年の肥満症」とは「不摂生の結果」であり「トラブルの素」でもあります。

更に、見た目・ルックスにとっても「マイナス要因」と言え
特に女性(おばさん)は、場合によっては健康問題以上に
何とかしたい、と考えている人も多いはずです。

そもそも、太ってしまう原因としては

  • 食べ過ぎ
  • 動かな過ぎ

どちらかであり、両方に該当する人も多いと思います。

中高年にとっては、否定できない状況の人も多いはずです。

「太る」ということは、「摂取カロリー>消費カロリー」という状況が起きており
余ったエネルギー(カロリー)は、たとえ「元」がどんな栄養素だとしても
最終的に「中性脂肪」として、体内に備蓄されることになります。

そして「消費カロリー」の一躍を担う、「基礎代謝」が減少していることが
中高年が太りやすい・痩せにくい原因でもあります。

「太り始める」ということは、ある意味で「生理現象」でもあります。

中高年に限らず、ダイエットは「長きに亘る壮大なテーマ」であり
そのための方法・理論・アイテムというのは、膨大なものがあります。

今回は、痩せるための方法を1から解説するのではなく
「中高年だからこそ」取り入れたいダイエット理論、その中でも最近になって注目されている
「葛の花イソフラボン」について、紹介していきたいと思います。

「内臓脂肪」へ直接的にアプローチできる

この「葛の花イソフラボン」が、注目された理由として
中高年を中心に、一番気になる「お腹の脂肪」をピンポイントで狙える
「ダイレクト」に減らすことができる成分であるということが挙げられます。

「ダイエットサプリ」と呼ばれる、非常にメジャーな美容アイテムジャンルの中
「現代の主流」となっている成分でもあります。

葛の花イソフラボンとは、「葛の花由来」のイソフラボンであり
葛の花はアジアに生息する、日本においては「秋の七草」の1つです。

観賞用としても、魅力的な植物ですが
はるか昔から「和漢」の1つとして、利用されてきました。

漢方系の成分というのは、あくまで「民間療法」となりますが
現代科学の力によって、葛の花イソフラボンの「真の効果」が解明され

特に「内臓脂肪」の分解・抑制・燃焼に関わる
全ての過程に対し、大きなメリットが確認されています。

脂肪生成の抑制

まずは、そもそもの脂肪ができてしまう過程である
「余ったエネルギーを脂肪に変換する」ことを抑制します。

「太りにくくなる」ということであり、根本原因への働きかけと言えます。

蓄積された脂肪の分解

次に、脂肪が「排出」される前の段階である
「分解」を促進し、「燃焼しやすい脂肪」へと変えていきます。

脂肪の燃焼

最終的な「燃焼」の段階においては、燃やすための「燃料」となる
「褐色脂肪細胞」の働きを、サポートします。

以上のように、

葛の花イソフラボンは、ダイエットに関わるあらゆる段階において
非常に大きな役割を果たす成分であり、注目されるのもうなずけます。

しかしそれ以上に「植物由来」であること、更に「イソフラボン成分」であることから
特に中高年・更年期の女性にこそ、おススメの成分であると言えます。

中高年の肥満と言えば、男性(おじさん)をイメージしがちですが
女性(おばさん)にとっても、また痩せている人にとっても
内臓脂肪は、他人事とは言えないものなのです。

電話占いサイトおすすめランキング

カテゴリー: Uncategorized | コメントする

肌が衰えていく本当のメカニズムとは

「年をとれば、見た目が衰えていく」

これは当然のことでもあり、受け入れるしかないことでもある

・・・と思われていることです。

しかしながら、「結果」には関らず「原因(要因)」が存在するものであり
衰えていく過程には、それなりのメカニズムが存在します。

こういった、<当たり前>と思われている現象に関しては
その仕組みをご存じない方も多く、それ故に食い止めることができないことも多いと言えます。

特に<見た目の衰え>に関しては、<皮膚の衰え>が影響を与えています。

人間の見た目というのは、結局は「皮膚の表面」であり
最も外側に存在する「肌」の状態というのは、最も多くの影響を与えます。

そういった面からもエイジングケアの中心は、スキンケアであると言えるのです。

「水分」の量が減っていくことで衰える

加齢による肌の劣化の正体は、肌中の「水分量」の低下です。

エイジングケアとは、<肌の水分量の減少との闘い>と言えるものです。

もちろん、元気な細胞自体が少なくなっていることが第一に考えられますが
その<劣化した細胞で構成された肌>というのは、

  • 水分が蒸発しやすい状態になる
  • 溜めておくことができる水分量が少なくなる
  • 水分を溜めておく力が劣化する

これらの「トリプル要因」が発生してしまってている状態です。

肌の状態というのは、基本的に含まれる水分量で決まります。

「老け」を再現している、典型的な症状である

  • シワ
  • たるみ

これらは、肌細胞が抱える水分量が減ることで起きます。

水分の量が少ないことで、シワが発生し、深く刻まれ
シワのできやすい面積があつまれば、いずれ決壊(たるみ)が発生するのです。

よりダメージを受けやすい状態へと変化していく

<瑞々しい肌>と言われる「潤い」を秘めた肌は、
美しいだけでなく強い肌でもああります。

そもそも、シミ・そばかすを代表とする色素の沈着に関しても
紫外線をはじめとした、様々な刺激が肌を傷つけたことによるものです。

肌中に存在する水分とは、
そもそも外部からの刺激から肌を守るために存在するものなのです。

そして、なぜ肌が水分を保持する力(保湿力)を失ってしまったかと言えば
細胞の劣化と共に、細胞内の「保湿成分」が失われてしまったためと言えます。

肌の表面に存在し、最前線で刺激から守っている「皮脂」の減少

それに加えて、

  • セラミド
  • ヒアルロン酸
  • コラーゲン

広く知られている成分だけでも、様々な物質が等しく減少しています。

劣化する肌に試してみて欲しい「グロースファクター」

肌の保湿力の減少は、

  • 細胞の衰え
  • 保湿成分の減少

以上の2つの面から考えることができ、それぞれに相応しい働きかけが必要です。

減少したしまった保湿成分を、外部からの補充することは
典型的なスキンケアであり、そのためのアイテムは豊富に存在します。

しかしながら一時的なケア成分だけでは、細胞の衰えに働きかけることがでません。

そして、そのための成分こそが「グロースファクター」なのです。

グロースファクター成分に加えて、保湿を中心とした
美容成分が配合されているアイテムであれば、一石二鳥でもあり
そういったアイテムを、利用することが効率的なエイジングケアにつながるはずです。

カテゴリー: Uncategorized | コメントする

紫外線によるメラニンを肌の奥に残さないことが大切

一般的に「日焼け」と呼ばれる、肌の色の自然な変化というのは
稀に自ら望んで、また特殊な機械を利用して行う人もいるようですが
女性であれば、<基本的には>避けたいものになるはずです。

また「昔は焼いてたけど・・・」現在は「美白志向」に転向した人も多く
そういった人の中には肌へのダメージを知って、という方も多いと思われ
実際に、色素の沈着というのは時間差のあるものであり
30代以降の方は、「これからが怖い」ことが事実です。

新たなリスクと共に、積み重ねたリスクをケアする必要があります。

肌への刺激は全てメラニンの材料となる

日焼けというのは、疑いようのない「肌への刺激」であり
様々存在する刺激の中でも、最も大きなものの1つです。

そして、その「結果」として残るもである
「シミ」や「そばかす」は広く知られているものと言えます。

言うまでもなく、明らかな相関関係のある肌トラブルと言えます。

日焼けによる「痛み」は、しばらくすれば沈静していくものですが
その後に「じわじわ」と現れるものが、シミ・そばかすといった色素の沈着です。

痛みが引いたからといって、日焼けによるデメリットが
全てなくなったわけではなく、結果的に色素として浮き出るものは変化し続けています。

そして、それらの大きな要因となるものが
「メラニン」と呼ばれる存在であることは、多くの女性がご存知だと思います。

紫外線を中心とした肌への刺を受けることで、体の反応として
肌を守るために「メラノサイト」と呼ばれる組織から、メラニン(色素)を分泌します。

これは、肌の「奥」までダメージを浸透させないため
できるだけ「浅い」部分で、刺激を食い止めるための反応です。

刺激を受けた肌部分には、「活性酸素」が発生しますが
メラニンはこの活性酸素を吸収しながら、
更に増殖し肌の奥の組織を守る役割を果たします。

肌の炎症が収まり必要なくなった後は、「新陳代謝(ターンオーバー)」によって
「表皮」や「角質」等といったものと同時に排出されていきます。

しかし新陳代謝が悪い場合や、体調不良等といった場合に
しっかりと排出することが出来ず、肌中に残ってしまったものが
シミ・そばかすといった、色素となって「定着」してしまうことになります。

ここまでは「常識」として知られている部分になりますが
この「残ってしまうメラニン」に関して、非常にやっかいなケースもあります。

奥にあるメラニンは押し出すことが困難

メラニンは、たとえ肌中に残ってしまったとしても
新陳代謝を積み重ねることによって、表面に<押し出して>いけば
いずれは排出出来ることも多く、元通りの肌に戻ることが一般的です。

しかしながら「消せないシミ」も存在することが現実です。

それは肌の奥に組織である、「真皮」に残ってしまったメラニン色素であり
真皮は<新陳代謝がそれほど行われない>部分になります。

一般的に「肌」と呼ばれる部分は、表面である表皮・その下の角質層
そして、真皮となっている最も奥の部分に発生するトラブルです。

いわゆる新陳代謝が行われる部分というのは、「表皮」と「角質層」であり
「真皮」の部分は、基本的には外に押し出されない細胞によって構成されています。

つまり、最も効果的なシミ対策・予防とは
「真皮には絶対メラニンを残さない」ということであり
この考え方は、中年以降の女性はより意識するべきものと言えます。

ただでさえ衰えている代謝が、<更に行われない>部分であるためです。

真皮は、新陳代謝が行われない(にくい)部分とされますが
メラニンが活発に働いている状態、まだ定着していない時期に
細胞ではなくメラニン自体を押し出すことで、定着リスクを抑えることが大切です。

とにかく、<残さない>ことが大切なのです。

そのためには、

  • 日焼け止め
  • 美白クリーム

といった、外部からの対処を徹底すると同時に
サプリ等といった、内部からのケアも欠かさないことであり
繰り返しになりますが、年をとるほどにこれらの重要度が上がるのです。

また「でき(見え)はじめてから」ではなく、「その前に」が何より重要です。

メラニンを肌の中に残さないために

メラニンが発生してしまったタイミングに、
いつでも排出しやすいよう、常に新陳代謝を活発にしおくことが大切です。

<新陳代謝がいい状態を保っておく>ということは
非常に単純な予防・対策であり、「唯一」の手段と言えます。

この当たり前のことを、可能な限り準備するしかないのです。

一般的には、

  • 十分な水分
  • 規則正しい生活習慣
  • 便秘の解消
  • ビタミンC(抗酸化成分)の摂取

といった方法がありますが、実際にはこれだけでは不十分であり
年をとるほどに、より「プラスアルファ」の必要性が上がってきます。

一般的なスキンケアアイテムに加えて、美白アイテムといったものも
毎日の中で、できる限り試していくことから始めましょう。

また新陳代謝が向上してきたことを確認するための目安としては
「肌の調子」はもちろん、「便の回数」といったものが確実的です。

あまりにもトイレ近い状態は困りますが、
ある程度、「サイクル」ができていることが望ましいと言えます。

これは「ウコン飲料」といったものを摂取した際に起きる症状であり
「代謝」に大きな影響を与える、「肝臓」に対し働きかけるている証拠になります。

最後に、日焼けにも大きく関わっている「紫外線」の問題は
「夏」や「日差しが強い」時期だけの、一過性の問題ではありません。

1年を通して警戒が必要なものであり、
いずれにしても、新陳代謝を向上しておいて損はありません。

カテゴリー: Uncategorized | コメントする