胃が悪いことが原因で口臭が発生している場合には「肌荒れ」にも注意が必要

口臭と肌というのは、それほど関係のないことという印象もありますが
悪化した口臭は、めぐりめぐって肌の状態の悪化を表すサインです。

「結果」というよりは、「イコール」ともいうべき関係であり
それが「胃」の状態が悪いことによる口臭であれば、当然のことと言えます。

体臭と肌の状態は、なんとなく関係があるように思えますが
それが口臭となると、とたんに油断しがちな方が増えます。

しかしながら、より「体の中の状態」が関わっている口臭と
「代謝」が大きな鍵を握る肌の健康は、本来は非常に因果関係が強いものなのです。

また汗・皮脂といった、体の外側に要因が多い体臭
更に一時的な肌トラブルが、<外的アプローチ>によって解消できる一方で
体内で発生してしまった、根本的な要因は対処が難しい特徴もあります。

口臭トラブルは男性のものだけでなく、また肌トラブルも女性だけのものではありません。

両方とも性別関係なくリスクのあるものであり、対処が必要なものなのです。

胃の悪化が肌荒れを招く理由

口臭・肌トラブルが同時に発生している状況とは、
基本的に、胃に関わるトラブルが発生していると考えられます。

肌荒れが起きるきっかけとなるものに、「便秘」が広く知られていますが
その理由としては、やはり代謝の悪化による影響であり
口臭(体臭)が悪化する、根本的な要因と同じものと言えます。

まして胃というのは、食べ物を摂取した際にスタートする
代謝(消化・分解・吸収)の流れの、最も最初の過程を担う器官になります。

その器官が弱っている状況では、代謝の過程がうまくいくわけもなく
消化不良の結果としての「下痢」、また「栄養不足」等が起きてしまいます。

下痢・栄養不足というのは、それぞれ便秘の解消・減量につながるかと思いきや・・・

それ以上に大きなトラブル・デメリットを招くものなのです。

「胃の状態の改善」が根本的的な解決策

胃の状態が悪いということで、直接的に招かれるトラブルとしては
<胃が痛い>であったり、「胃もたれ」といった症状になり
これらは口臭を悪化させるものでもありますが、

結果的に、

  • 食べることができないことによる栄養不足
  • 消化不良による不完全な栄養素の吸収

という事態を招くことになります。

これらを防ぐためには、やはり<胃そのもの>を改善するしかありません。

そして、スキンケアや胃薬といったアイテムでの改善は
一時的な良化に過ぎず、根本がよくならないことには<繰り返し>になります。

当サイトで紹介している「生薬製剤イツラック」は
処方箋(薬)ではなく、自分の判断で利用できるアイテムになります。

天然の「漢方」に似た力で、根本的な部分に働きかけることができるため
長い目で見れば胃薬やクリームよりも、ぜひ試すべきと言えるものです。

もちろん、短期的な改善のためのアプローチも重要ですが
深い部分での良化がないことには、慢性化するしかない状態と言えます。

「若い時は、すぐによくなった」というトラブルが
加齢によって、「そうもいかない」という事態となることは珍しくありません。

まして栄養素の摂取は、更に先の健康・美容のために非常に重要なものと言えます。

「そこがダメ」だと、「全部ダメ」になる部部分は真っ先にケアするべきなのです。

カテゴリー: Uncategorized パーマリンク