中年以降の女性に現れる典型的な薄毛の症状のまとめ

ここでは、加齢によって招かれる典型的な女性の薄毛の症状をそれぞれ解説します。

前頭部の「こめかみ」「頭頂部」から薄くなる
男性型脱毛症に比べ、女性は全体的に薄くなっていきます。

この女性に特徴的な薄毛の進行によってもたらされる、
中高年女性に顕著な脱毛症を、「びまん性脱毛症」と呼びます。

びまん性脱毛症

びまん性脱毛症は、女性ホルモンの減少が
原因で起きる、「女性の脱毛症」の典型的な症状です。

そのため、「避けられないこと」という印象を受けるかもしれませんが
症状を食い止めて、軽減・改善することはできます。

また切れやすくなっている(切れ毛)が、増えていることによって
「髪が薄いように見えているだけ」という場合もあります。

髪を生やす機能が、失われているわけではないため
「生えている産毛」を、育てたりすることが有効な手段です。

正しいケアをすることによって、髪の量は復活させることができます。

ボリュームの減少だけでなく質も劣化している

女性の髪が少なくなることを、「ボリュームがなくなる」と表現することがありますが
びまん性脱毛症の場合、全体のボリュームだけでなく髪の毛1本1本の

  • ハリ
  • コシ
  • ツヤ

といった、女性の「美」にとって大切な美髪要素も劣化してきます。

また女性ホルモンの減少が原因なだけに、頭髪だけでなく
「爪」や「肌」といった、女性にとって大切にしているパーツにも悪影響を及ぼします。

それらの症状が先に出てきてから髪が弱くなり、抜け毛が増え始めることもあります。

牽引性脱毛症

髪型に「こだわり」があったり、幼い頃から同じ髪型を続けている人に
中高年になって顕著となる薄毛の症状が、「牽引性脱毛症」です。

女性の薄毛の最初の症状として、「分け目」「つむじ」の周辺から
髪が抜けていく現象は、この牽引性脱毛症の典型的な症状です。

また、「きつめの」ポニーテールを長く続けている女性が
年と共に生え際が後退していく症状も、牽引性脱毛症の一種であると言えます。

牽引性脱毛症は特定の箇所の毛根が、その他の毛根よりも
日ごろからダメージ・負担が多いことで、発生します。

分け目や「結び目といった部分は、常に頭皮が露出しており
それによって、外部からのダメージを直接受けやすい状態になっています。

また紫外線のダメージも、肌にとっては大きな負担であり
それらのダメージにも、常に晒されていることになります。

牽引性脱毛症の対策

牽引性脱毛症の基礎対策は、非常に単純であり
スグにその習慣をやめることが、まずは最初にとるべき対策です。

出来るだけ早く、毛根・生え際・頭皮を「楽にして」あげましょう。

そして次の段階として、ダメージの回復・修復が必要です。

通常のケアでは、元に戻ることはないため
専用の修復アイテムを使用することをおすすめします。

牽引性脱毛はホルモンがそれほど影響していないため、自宅で自分で修復できる症状です。

しかし、どこかのタイミングで修復しないことには
症状は進行していくだけのため、できるだけ早い対応が求められます。

サプリで効率的あ基礎ケアがおすすめ

「けんいんせい」と聞くと、やや特殊なものであるように思えますが
結局は加齢と共にリスクが高まる、それほど珍しくはない症状です。

極めて典型的と言える症状であり、一般的な症状だからこそ
スタンダードな対策・改善策を、地道に続けることが必要です。

産後の抜け毛の延長

「女性ホルモン」が影響する女性の薄毛の症状は、
「加齢(エストロゲンの減少)が関わっているものに限ったことではありません。

女性ホルモンの分泌・機能が、非常に活発になる
妊娠~出産の過程にも「脱毛」が起きることは
広く知られており、経験した人も多いと思います。

この産後の抜け毛は、女性ホルモンが関わる薄毛の
最たるものであり、加齢による薄毛と同じく
油断せずに、しっかりと対処する必要があります。

産後の抜け毛は「産後脱毛症」と呼ぶこともあり
出産後約2~3ヶ月で始まると言われており、半年~長い人では1年ほど続くことになります。

症状の特徴としては、女性特有のびまん性脱毛症と同じく
全体的に、まんべんなくボリュームダウンしていきます。

入浴時のシャンプーの際に、排水溝の部分に「ごっそり」
抜け毛があることで、気づく女性が多いようです。

妊娠したことよって、活発になっていたホルモン分泌が
出産を経て「元に戻ろうとする」反動によって、ホルモンバランスが乱れ
脱毛という症状で現れますが、根本的な仕組みは未だ完全には解明されていません。

産後脱毛症の改善策

時間が経ち、女性ホルモンが徐々に安定してくることで
自然と抜け毛が落ち着いてくることが一般的ですが
そうは言っても、女性にとってとても大切なパーツであり
不安に思ってしまうことは当然のことです。

そういった場合には、やはり女性ホルモンが関係する
薄毛ならではの改善法を実践していきましょう。

本格的な脱毛症に発展させないことが大切

この産後の抜け毛の症状は、女性の薄毛(びまん性脱毛症)の「きかっけ」となることも多く
「だらだら継続してしまう」ということも珍しくありません。

そのため、一般的な薄毛の症状と同じく
「まずいな」と思った際には、早急な対応が必要になります。

産後の抜け毛の症状である「産後脱毛症」
基本的には、自然に治っていくものではありますが
個人も大きい症状であり「深刻な」薄毛に発展してしまったり
「体質の変化」が起きてしまっていることも考えられ
改善が見られない場合は、しっかりとケアする必要があります。

また自然に任せる「だけ」ではなく、よりよいレベルの高いケアをすることで
「元気な髪」を長く保っていくことができるはずです。

カテゴリー: Uncategorized | コメントする

胃が悪いことが原因で口臭が発生している場合には「肌荒れ」にも注意が必要

口臭と肌というのは、それほど関係のないことという印象もありますが
悪化した口臭は、めぐりめぐって肌の状態の悪化を表すサインです。

「結果」というよりは、「イコール」ともいうべき関係であり
それが「胃」の状態が悪いことによる口臭であれば、当然のことと言えます。

体臭と肌の状態は、なんとなく関係があるように思えますが
それが口臭となると、とたんに油断しがちな方が増えます。

しかしながら、より「体の中の状態」が関わっている口臭と
「代謝」が大きな鍵を握る肌の健康は、本来は非常に因果関係が強いものなのです。

また汗・皮脂といった、体の外側に要因が多い体臭
更に一時的な肌トラブルが、<外的アプローチ>によって解消できる一方で
体内で発生してしまった、根本的な要因は対処が難しい特徴もあります。

口臭トラブルは男性のものだけでなく、また肌トラブルも女性だけのものではありません。

両方とも性別関係なくリスクのあるものであり、対処が必要なものなのです。

胃の悪化が肌荒れを招く理由

口臭・肌トラブルが同時に発生している状況とは、
基本的に、胃に関わるトラブルが発生していると考えられます。

肌荒れが起きるきっかけとなるものに、「便秘」が広く知られていますが
その理由としては、やはり代謝の悪化による影響であり
口臭(体臭)が悪化する、根本的な要因と同じものと言えます。

まして胃というのは、食べ物を摂取した際にスタートする
代謝(消化・分解・吸収)の流れの、最も最初の過程を担う器官になります。

その器官が弱っている状況では、代謝の過程がうまくいくわけもなく
消化不良の結果としての「下痢」、また「栄養不足」等が起きてしまいます。

下痢・栄養不足というのは、それぞれ便秘の解消・減量につながるかと思いきや・・・

それ以上に大きなトラブル・デメリットを招くものなのです。

「胃の状態の改善」が根本的的な解決策

胃の状態が悪いということで、直接的に招かれるトラブルとしては
<胃が痛い>であったり、「胃もたれ」といった症状になり
これらは口臭を悪化させるものでもありますが、

結果的に、

  • 食べることができないことによる栄養不足
  • 消化不良による不完全な栄養素の吸収

という事態を招くことになります。

これらを防ぐためには、やはり<胃そのもの>を改善するしかありません。

そして、スキンケアや胃薬といったアイテムでの改善は
一時的な良化に過ぎず、根本がよくならないことには<繰り返し>になります。

当サイトで紹介している「生薬製剤イツラック」は
処方箋(薬)ではなく、自分の判断で利用できるアイテムになります。

天然の「漢方」に似た力で、根本的な部分に働きかけることができるため
長い目で見れば胃薬やクリームよりも、ぜひ試すべきと言えるものです。

もちろん、短期的な改善のためのアプローチも重要ですが
深い部分での良化がないことには、慢性化するしかない状態と言えます。

「若い時は、すぐによくなった」というトラブルが
加齢によって、「そうもいかない」という事態となることは珍しくありません。

まして栄養素の摂取は、更に先の健康・美容のために非常に重要なものと言えます。

「そこがダメ」だと、「全部ダメ」になる部部分は真っ先にケアするべきなのです。

カテゴリー: Uncategorized | コメントする

ストレスを感じるとなぜ太るのか?

中高年に起きる、というよりも世代に関係なく
あらゆる疾患・トラブルに影響する要素として
「肥満」と「ストレス」を挙げることができます。

これらは、それ自体が問題のある状態ではありますが
「それに至るまでの過程」こそが、本質的な問題でると考えられます。

その状態・それに至るまでの要因、この両方を一緒に改善する必要があり
要因を解消しないことには、またその繰り返しになります。

そう簡単なことではない、と思う方もたくさんいらっしゃるはずであり
実際に難しいことからもしれませんが、やるしかないのです。

そして、この肥満(太ること)とストレスというのは
非常に大きく影響し合っている、「併発しやすい」ものでもあるのです。

ストレスによって体重が増える仕組み

「ストレスで太った」

「タバコを止めたら太った」

こういった話は、中年と呼ばれる年代の方であれば
今までさんざん耳にしたことであり、経験したこともあると思います。

実際に、ストレスを感じるということは
「太る」という、新たな問題を「自然に」生み出すことになります。

そしてこれには、2つの側面があります。

お腹がすく

イライラして、無性にお腹がすいた経験は誰もがあると思います。

また落ち込んだ時に、やたらと甘いものを欲することも多いはずです。

ストレスを感じると、体は「興奮状態」になります。

「交感神経」のスイッチが入り、「ドーパミン」が分泌されるのです。

ストレスを感じるということは、「ものをたべたくなる」ことに直結します。

現実逃避

もう1つの要素としては、ストレスを感じることで
「食欲のスイッチ」が入ると同時に、「食事」という行為でごまかそうとします。

いわゆる「多幸感」というものを求める行為であり
「やけ食い」と呼ばれるものも、これに含まれます。

「ストレスから逃げるために食べる」と聞いて、ドキッとした方も多いはずです。

癖になってしまう前に止めるべき習慣

年をとった結果として、

「(油が多い食事を中心に)食べられなくなる」という状態は誰もが通る道です。

原因としては、内臓の劣化によって消化機能が衰えたこと
そもそもの、活動するために必要なエネルギー量が少なくなるためです。

そして、誰もが通る道として「やたら食べる(呑む)」という段階があります。

さんざん呑んで、食べて、〆のラーメン・・・

「生活習慣病のリスク」は、この段階で急増するのです。

こういった行為というのは、「サラリーマンならみんな経験する」
思っている方も多いかもしれませんが、実はそれが「ストレス」が原因であり
「癖」になっている場合には、慢性的なストレスを感じている可能性が高いです。

「中堅」と呼ばれる頃になると、同時に「責任」が重くなり
また「家庭を持つ」「子供が生まれる」といった、新たな出来事が増えます。

出世・結婚・出産といった、たとえ幸せなことであっても
「環境の変化」というものは、ストレスとして体は認識することになります。

「食べない」こともよくない

ストレスと肥満は「互いに」影響し合っていることを忘れてはなりません。

「食べない」ということもまた「ストレス」につながります。

「リバウンド」と呼ばれる、食事制限によるダイエットの結果
我慢していた食欲が爆発してしまい、始める前よりも太ってしまう現象は
これもまた典型的な、「ストレスによる体重の増加」とも言えます。

正に「本末転倒」です。

だからこそ、「計画的な」「無理のない」

更に「ツボを押さえた」ダイエットが必要なのです。

早く「別の解消法」を探そう

ストレスで食べてしまう、食べないとストレスを感じる・・・

この「負の連鎖」とも言える状態から抜け出すためには

  • ストレスの解消
  • 食べながら痩せる

この2つを意識することが、非常に重要なのです。

食事というのは、日常の中の喜びでもあります。

痩せなければいけない一方で、「食べるべき」とも言えるのです。

また、「食べないストレス」の正反対である
「食べることによる幸せ」は、健康的な生活には不可欠です。

1つの方法として、「ストレスを感じている」と思ったら
そのタイミングでは、食事を摂らないことを意識しましょう。

「食べ過ぎ」の、根本的な予防につながります。

もしも我慢できない場合には、「チョコレート」や「ココア」といった
糖分の多いものを摂取して、5分ほど目をつぶりましょう。

  • 血糖値を上昇させることで食欲が治まる
  • 糖分による鎮静作用
  • 余計な情報のシャットアウト

思っているよりも、効果のあるものです。

ぜひ、お試しください。

悪影響は無限大だからこそ

肥満に陥ってしまう原因は、ストレスだけではなく
もちろん「肥満そのもの」も、十分に体に悪い状態です。

ストレスによる、肉体への悪影響は予想ができず
肥満による悪影響は、非常に「リアル」なものです。

両者とも、甘く見てはならないものであり
これらが出会ってしまった際のリスクは、「最凶」とも言えるのです。

カテゴリー: Uncategorized | コメントする