ストレスを感じるとなぜ太るのか?

中高年に起きる、というよりも世代に関係なく
あらゆる疾患・トラブルに影響する要素として
「肥満」と「ストレス」を挙げることができます。

これらは、それ自体が問題のある状態ではありますが
「それに至るまでの過程」こそが、本質的な問題でると考えられます。

その状態・それに至るまでの要因、この両方を一緒に改善する必要があり
要因を解消しないことには、またその繰り返しになります。

そう簡単なことではない、と思う方もたくさんいらっしゃるはずであり
実際に難しいことからもしれませんが、やるしかないのです。

そして、この肥満(太ること)とストレスというのは
非常に大きく影響し合っている、「併発しやすい」ものでもあるのです。

ストレスによって体重が増える仕組み

「ストレスで太った」

「タバコを止めたら太った」

こういった話は、中年と呼ばれる年代の方であれば
今までさんざん耳にしたことであり、経験したこともあると思います。

実際に、ストレスを感じるということは
「太る」という、新たな問題を「自然に」生み出すことになります。

そしてこれには、2つの側面があります。

お腹がすく

イライラして、無性にお腹がすいた経験は誰もがあると思います。

また落ち込んだ時に、やたらと甘いものを欲することも多いはずです。

ストレスを感じると、体は「興奮状態」になります。

「交感神経」のスイッチが入り、「ドーパミン」が分泌されるのです。

ストレスを感じるということは、「ものをたべたくなる」ことに直結します。

現実逃避

もう1つの要素としては、ストレスを感じることで
「食欲のスイッチ」が入ると同時に、「食事」という行為でごまかそうとします。

いわゆる「多幸感」というものを求める行為であり
「やけ食い」と呼ばれるものも、これに含まれます。

「ストレスから逃げるために食べる」と聞いて、ドキッとした方も多いはずです。

癖になってしまう前に止めるべき習慣

年をとった結果として、

「(油が多い食事を中心に)食べられなくなる」という状態は誰もが通る道です。

原因としては、内臓の劣化によって消化機能が衰えたこと
そもそもの、活動するために必要なエネルギー量が少なくなるためです。

そして、誰もが通る道として「やたら食べる(呑む)」という段階があります。

さんざん呑んで、食べて、〆のラーメン・・・

「生活習慣病のリスク」は、この段階で急増するのです。

こういった行為というのは、「サラリーマンならみんな経験する」
思っている方も多いかもしれませんが、実はそれが「ストレス」が原因であり
「癖」になっている場合には、慢性的なストレスを感じている可能性が高いです。

「中堅」と呼ばれる頃になると、同時に「責任」が重くなり
また「家庭を持つ」「子供が生まれる」といった、新たな出来事が増えます。

出世・結婚・出産といった、たとえ幸せなことであっても
「環境の変化」というものは、ストレスとして体は認識することになります。

「食べない」こともよくない

ストレスと肥満は「互いに」影響し合っていることを忘れてはなりません。

「食べない」ということもまた「ストレス」につながります。

「リバウンド」と呼ばれる、食事制限によるダイエットの結果
我慢していた食欲が爆発してしまい、始める前よりも太ってしまう現象は
これもまた典型的な、「ストレスによる体重の増加」とも言えます。

正に「本末転倒」です。

だからこそ、「計画的な」「無理のない」

更に「ツボを押さえた」ダイエットが必要なのです。

早く「別の解消法」を探そう

ストレスで食べてしまう、食べないとストレスを感じる・・・

この「負の連鎖」とも言える状態から抜け出すためには

  • ストレスの解消
  • 食べながら痩せる

この2つを意識することが、非常に重要なのです。

食事というのは、日常の中の喜びでもあります。

痩せなければいけない一方で、「食べるべき」とも言えるのです。

また、「食べないストレス」の正反対である
「食べることによる幸せ」は、健康的な生活には不可欠です。

1つの方法として、「ストレスを感じている」と思ったら
そのタイミングでは、食事を摂らないことを意識しましょう。

「食べ過ぎ」の、根本的な予防につながります。

もしも我慢できない場合には、「チョコレート」や「ココア」といった
糖分の多いものを摂取して、5分ほど目をつぶりましょう。

  • 血糖値を上昇させることで食欲が治まる
  • 糖分による鎮静作用
  • 余計な情報のシャットアウト

思っているよりも、効果のあるものです。

ぜひ、お試しください。

悪影響は無限大だからこそ

肥満に陥ってしまう原因は、ストレスだけではなく
もちろん「肥満そのもの」も、十分に体に悪い状態です。

ストレスによる、肉体への悪影響は予想ができず
肥満による悪影響は、非常に「リアル」なものです。

両者とも、甘く見てはならないものであり
これらが出会ってしまった際のリスクは、「最凶」とも言えるのです。

カテゴリー: Uncategorized | コメントする

「亜麻仁油(アマニオイル)」は何が体よくてどんな効果があるの?

近年ある程度の期間を通して、「息の長いブーム」と言える食材・食品としては
やはり「体にいい油」と呼ばれるアイテム達であり、
常に何らかのアイテムが話題になっています。

「鉄板」とも言える、「オメガ3」を配合したアイテムが中心となっており
「機能性表示食品」や、「トクホ(特定保健用食品)」という言葉が
これだけ広く知られるきっかけとなったのも、これらの力が大きいと言えます。

これらのアイテムが、これらけ人気を集めた要素として

  1. 血液を綺麗にする
  2. 血管を綺麗に保つ

といったことが挙げられます。

その目的として考えられるものは、やはり「動脈硬化」の予防であり
生活習慣病への危機感が広がっている、と言える非常にいい環境でもあります。

またオメガ3を中心とした成分が、なぜ血液・血管の健康につながり
結果的に動脈硬化の予防につながるのか?という理由としては
それらの成分が、「血中脂肪」や「コレステロール」の解消につながるためです。
(現在では、別のアプローチを目的とした食品もたくさんありますが)

そしてこれらは、その「響き」からも「ダイエット」に効果的と感じる人も多く
また実際に、痩せやすい体へ近づくことも効果の1つと言えるため
様々な層から支持され火が付き、大ブームとなりました。

「デメリット」の少ない油

「DHA」そして「EPA」という、
2つの成分から始まった(と考えられる)健康油ブームは
様々なアイテムを生み出し、また同時に健康への関心を高めました。

次々に現れる新たな油・成分は、今となっては全て把握するのは難しいことと言えます。

そんな中でも、やはりオメガ3(DHA・EPA)は鉄板と言えるまでの存在であり
新たな成分に負けることなく、健康油の代名詞となっています。

一方で、最近になって「これらよりもいいのでは?」と
話題になっている油が、「亜麻仁油(アマニオイル)」であり
最後の・期待のアイテムとして注目されています。

亜麻仁油とは、「亜麻」と呼ばれる植物の種子から抽出される油です。

最大の特徴は、「コレステロールを含まない」ことであり
且つオメガ3の1つである、「α-リノレン酸」を含むといった
体のいい油が持つデメリットが少なくて済む、「より高品質な健康油」と言えます。

亜麻仁油の効果としては、基本的にはオメガ3と同じく

  • 血液の質の向上
  • 血管の保護

以上の結果として、動脈硬化の予防につながること

また「認知症」の予防に対しても、効果的であることが分かっています。

またα-リノレン酸は、免疫活性化・抗炎症作用を含む成分であり
加齢によって失われていく能力を、サポートするための心強い味方と言えます。

また最も注目すべきは、DHAやEPAといった他のオメガ脂肪酸の力を
より引き出す能力を持っており、「上回る」というのはこの点を指しています。

更に、「女性ホルモン」を調整する働きを持っており
「更年期障害」という、高いハードルが迫った女性にとって
ぜひ日常生活に取り入れて欲しい・取り入れるべき成分と言えます。

毎日少しずつ摂取して欲しい成分

亜麻仁油は過熱することで、その貴重な栄養素が破壊されてしまいます。

そのためドレッシングにする等、「そのままで」摂取することが推奨されます。

また過剰摂取によって、「下痢」を招くこともあるため
一度に大量摂取しないこと、また毎日適度な量を摂取するべきと言えます。

アマニ油やオリーブオイルといった、
「ちょっといい(高い)油」というのは、従来も存在していたものであり
「今更なんで流行っているの?」と思う方は多いかもしれません。

その理由として、1つは冒頭で挙げた動脈硬化という
生活習慣病の核となる症状への、予防効果があります。

そしてそれに加えて、何よりも「不飽和脂肪酸」という存在が
体内で作り出すことができないものであることが、広く知られ始めたためです。

牛・豚・鳥等から摂取できる、一般的な脂質や乳脂肪といったものは
「飽和脂肪酸」と呼ばれ、体内で作り出すことができます。

しかしながら、これらは「過剰」に摂取されていることが一般的です。

一方で不飽和脂肪酸を含む、青魚を中心とした食材の摂取量は減少しています。

そして飽和脂肪酸・不飽和脂肪酸、どちらも必要な存在です。

  • 作れる脂肪の過剰摂取
  • 作れない脂肪の不足

といった、ちぐはぐな状況に登場したのが「油ブーム」なのです。

とにかく「継続」が大切

健康に対して、関心が高くなることはいいことです。

しかしながら「一過性」では意味がなく、
また「知っている」だけでは健康になれません。

試してみること、加えて「継続」が非常に重要なことになります。

不飽和脂肪酸に関しては、「足りない」ということが主な問題であり
外部から取り入れることを目的として、「サプリ」や「食用油」がヒットしました。

不足が問題になっているケースは、不飽和脂肪酸だけにとどまらないものですが
過剰摂取が問題となっているケースよりに比べて、解決が容易なものです。

また、ダイエットを目的としているのであれば
皮下脂肪・内臓脂肪・血中脂肪という、余計なものを減らすことにつながるため
食用油・オメガ3サプリといったものは、非常に手軽な健康習慣であると言えるのです。

ぜひ自分に合った習慣・アイテムを見つけて、一定期間継続してみて欲しいと思います。

カテゴリー: Uncategorized | コメントする

中性脂肪を落としたい人におすすめの新成分「葛の花イソフラボン」とは

「中年の健康」にとって、切っても離せない要素が「肥満」であり
各種生活習慣病・メタボリック症候群の、根本要因と言っても過言ではありません。

「中高年の肥満症」とは「不摂生の結果」であり「トラブルの素」でもあります。

更に、見た目・ルックスにとっても「マイナス要因」と言え
特に女性(おばさん)は、場合によっては健康問題以上に
何とかしたい、と考えている人も多いはずです。

そもそも、太ってしまう原因としては

  • 食べ過ぎ
  • 動かな過ぎ

どちらかであり、両方に該当する人も多いと思います。

中高年にとっては、否定できない状況の人も多いはずです。

「太る」ということは、「摂取カロリー>消費カロリー」という状況が起きており
余ったエネルギー(カロリー)は、たとえ「元」がどんな栄養素だとしても
最終的に「中性脂肪」として、体内に備蓄されることになります。

そして「消費カロリー」の一躍を担う、「基礎代謝」が減少していることが
中高年が太りやすい・痩せにくい原因でもあります。

「太り始める」ということは、ある意味で「生理現象」でもあります。

中高年に限らず、ダイエットは「長きに亘る壮大なテーマ」であり
そのための方法・理論・アイテムというのは、膨大なものがあります。

今回は、痩せるための方法を1から解説するのではなく
「中高年だからこそ」取り入れたいダイエット理論、その中でも最近になって注目されている
「葛の花イソフラボン」について、紹介していきたいと思います。

「内臓脂肪」へ直接的にアプローチできる

この「葛の花イソフラボン」が、注目された理由として
中高年を中心に、一番気になる「お腹の脂肪」をピンポイントで狙える
「ダイレクト」に減らすことができる成分であるということが挙げられます。

「ダイエットサプリ」と呼ばれる、非常にメジャーな美容アイテムジャンルの中
「現代の主流」となっている成分でもあります。

葛の花イソフラボンとは、「葛の花由来」のイソフラボンであり
葛の花はアジアに生息する、日本においては「秋の七草」の1つです。

観賞用としても、魅力的な植物ですが
はるか昔から「和漢」の1つとして、利用されてきました。

漢方系の成分というのは、あくまで「民間療法」となりますが
現代科学の力によって、葛の花イソフラボンの「真の効果」が解明され

特に「内臓脂肪」の分解・抑制・燃焼に関わる
全ての過程に対し、大きなメリットが確認されています。

脂肪生成の抑制

まずは、そもそもの脂肪ができてしまう過程である
「余ったエネルギーを脂肪に変換する」ことを抑制します。

「太りにくくなる」ということであり、根本原因への働きかけと言えます。

蓄積された脂肪の分解

次に、脂肪が「排出」される前の段階である
「分解」を促進し、「燃焼しやすい脂肪」へと変えていきます。

脂肪の燃焼

最終的な「燃焼」の段階においては、燃やすための「燃料」となる
「褐色脂肪細胞」の働きを、サポートします。

以上のように、

葛の花イソフラボンは、ダイエットに関わるあらゆる段階において
非常に大きな役割を果たす成分であり、注目されるのもうなずけます。

しかしそれ以上に「植物由来」であること、更に「イソフラボン成分」であることから
特に中高年・更年期の女性にこそ、おススメの成分であると言えます。

中高年の肥満と言えば、男性(おじさん)をイメージしがちですが
女性(おばさん)にとっても、また痩せている人にとっても
内臓脂肪は、他人事とは言えないものなのです。

電話占いサイトおすすめランキング

カテゴリー: Uncategorized | コメントする